ひふみ神示でいいタイミング!

リアル「ギフトピア」!ひふみ神示の日記

新担務の派遣さんを発見した日。

仕事で体調を崩した時に日月神示と出会い、以来三日坊主の割に続いています。
☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻

碧玉の巻    第九帖

 

 九分行ったら一休みせよ、始めから終りまで休まずに行くと、今の人民では息切れ致すぞ、一休みして自分の来た道をふり返れよ。この世の世話をさすために、人民には肉体を与えてあるのぞ、活神(いきがみ)がしたのでは堪(こば)れんものが沢山に出て来るからぢゃ、立替、立直し一時に来ているから、われよしの人民には判らんことになるぞ、この世の動きが判らんのはわれよしざからぞ、今度の岩戸びらきは五度の岩戸しめを一度にひらくのであるから、人民には中々に理解出来んことに、折り重なってくるから、何事も神の申す通りハイハイと素直にきくのが一等であるぞ。


开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开

派遣の仕事も1年を過ぎるとベテランらしいです。

 

それなりに仕事は出来るようになってきましたが、新しい人に仕事を教えるのもポクには難しいところなんです。

 

基本的な事は派遣の担当者が教えてくれますが、それ以外の仕事は現場で学びます。

「学びます」なんですよね。

 

派遣なんて新米でもベテランでも、やる事は皆同じ。

でも人手が足りないので準社員のやるような仕事も手が回りません。

 

 

そう言うわけで、みんなが手を出したく無い面倒な仕事は山盛り状態。でも手を出してくれないと覚えません。

 

その日、いつもは新米のやるポジションの新人君が、ポクに「ココはこういう風にお願いします。」って突然言ってきたんです!

 

おお??これは良い事じゃ無いですか!!!

 

自分のやり方に自信がある証拠です。

 

どうやら時折ヘルプで呼ばれて来る、「人当たりの良い派遣さん」を手伝う感じで動いているようです。

 

しまいには山盛りのお仕事も一緒に手伝ってあげて、大活躍でした。

 

同じ経験を知っている、自分より下がより働くと、自分も動かなくてはいけないからでしょうか?

 

 

仕事には意思疎通が重要です。その為会話も大切ですが、派遣の場合は愚痴が出やすいんで余りしたく無いんです。

 

やってみなければ感じない事も、人は聞いた風に感じて来るから。

 

そんな事で状況を整理すると、「人を動かすには下の者と一緒が一番」と言う事が分かった経験でした。

 

うーむ。と言う事は、「人当たりの良い派遣さん」は老朽化した工場で人を潤滑させるお仕事が担当なのかな?