ひふみ神示でいいタイミング!

リアル「ギフトピア」!ひふみ神示の日記

お願いは「練習に付き合って」。

日月神示も、三日坊主の割に続いております。今日は仕事のミッションレポートです。
☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻

春の巻     第四十帖    (六九七)

 

 思想と申すのは広い意味で、太神から出てゐるのではあるが、幽界からの力が強く加わってゐるのぢゃ。ネンと申すのは神界からの直々であるぞ。悪の気、断たねばネンとはならんぞ。


开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开

本日は、休日出勤。

 

いつもは検品の準社員さんが応援で来てくれています。

 

しかしながら、箱詰めは慣れていないので作業量は期待薄。

そして派遣は見下されているので、こちら主導というよりも、役割は「縁の下の力持ち」といった感じ。

 

始まってすぐ感じるのは、何やら今日の作業は準社員さんの練習といった様な雰囲気。

 

そういえば新工場が、福島に出来るらしい。あっちの方じゃ外国人労働者の方が多くの企業で研修の形として投入されている様です。

原発で作業する、東電さんの方向けの商品を作るのでしょうか?

 

安く作ることしか生き残る道のない弊社は、こっちのラインを移管して、余った準社員を箱詰めにする作戦でしょうか?

 

すると当然ポクたち派遣はクビ!

まあ、そんな想像は置いといて、本日のミッションは、

 

津波の様に押し寄せる商品を、いかに平常心を持って、ただひたすら箱詰め出来るか?そして準社員さんが同じ事を出来るように、記憶のお手本になる事!

 

いつも思うんですが、余計にラインに商品を流しても、無駄な作業が増え効率が悪いと思うのですが?

そんな事は大学出の社員さんが分からない筈がないと思います。

 

 

時折社員が見かねて手伝いに入ると、レーンの商品が計算されたかの様に、見事にはけるサマに救世主の印象をダブらせつつ(笑)、ミッションの遂行結果はと言うと。・・・

 

計量担当の方は、細かすぎて何度も枚数を確認しがち。責任のある立場で真面目なので、その気持ちわかります。しかし全体のレベル以上に、細かく無くても良い様に感じました。

 

箱詰めの方はと言いますと、いつもと違い慣れない手漕ぎ作業。尋常じゃない真狩りの作業にポジション移動を拒否!

 

仕方なく派遣で循環。

しかし前回に比べれば、格段の進歩!

今後、もう少し雰囲気に慣れれば見込みありと感じました。

 

まあそんな、こんなで、独断と偏見のミッションリポートでしたが、今度入れてもらう社会保険と、2年目にしてやっと貰った靴が無駄にならない事を祈ります。