ひふみ神示でいいタイミング!

ひふみ神示と心霊体験の日記

妄想④ ひふみ神示の降りた理由とは?

物事には全て理由があります。ロズウェル事件と日月神示の降りた理由とは。

 ☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻

黒鉄の巻   第三十七帖     (六五五)

 

 宇宙は人間の心のままと申してあらうが。宇宙は未完成のものと申してあらうが。永遠に未完成であり、弥栄であるぞ。そこに生命あり、喜びあるのぢゃ。大神の中で、宇宙はなりなりてゐるのであるから、ナリ、永遠になるのであるぞ。不変の中に千変万化、自由自在の存在を与へてあるのぢゃ。

(旧九月八日)

开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开

前回迄で、ロズウェルに墜落したUFOは、進化した人類(縄文の遺伝子を持つ)「神人」が乗っていたタイムマシンと言う事迄お話ししました。

 

 上つ巻     第三十九帖より
〜早く此の理(みち)をひらいて呉れよ。神界ではもう戦の見通しついてゐるなれど、今はまだ臣民には申されんのぞ。〜

 

 

 神界戦争って、なんか物語風で耳障りは良いけど、神さまの世界でもまだ戦争していたら、人間の改心にも差し障りがある気がします。

 

驚くべき事に過去、UFO同士の交戦と思われる事件がありました。

youtu.be

1561年ドイツのニュルンベルクで起きた現象がニュースに残されていました。

下の方に墜落した様子も伺えます。

 

 あれ?!もしかしてロズウェルでも何か有ったんじゃねーか?

 

黄金の巻    第百帖より

 〜平面の上でいくら働いても、もがいても平面行為で有限ぞ。立体に入らねばならん。無限に生命せねばならんぞ。立体から複立体、複々立体、立々体と進まねばならん。

 

五十黙示録    星座の巻  第八帖より

 〜過去と未来と同時に来て、同じところで一先づ交じり合うのであるから、人民にはガテンゆかん、新しき世となる終りのギリギリの仕上げの様相であるぞ。

 

黄金の巻   第十二帖より

 〜くるくる廻って又始めからぢゃ。前の始と始が違ふぞ。皆相談し合ってよきに弥栄えるぞ。〜

 

 

うーむ!本当のタイムトラベル理論は、判りませんが、神さまの御神業を匂わせる一節です。

 

さて。もう一度ロズウェル事件を確認します。

 

日の出の巻   第二十帖 より
 今度は世に落ちておいでなされた神々様をあげねばならぬのであるぞ〜此の方は力あり過ぎて失敗(しくじ)った神ざぞ、此の世かもう神でも我出すと失敗るのざぞ、何んな力あったとて我出すまいぞ、此の方がよい手本(みせしめ)ぞ。

 

青葉の巻   第七帖より

〜この方さへ改心致したおかげで今度の御働き出来るのぢゃ、〜

 

日月神示は、我が強い事が原因で罰せられた神様が、改心して、我が子と呼ぶ日本人を導く為に降ろされたもの。

 その神は?

プロメテウス=エンキ(シュメールの神)

byはやし浩司

 

ロズウェルで墜落した乗組員は、日本人が進化した(日月神示で進化した)「神人」

便宜上 「日月の神人 」と呼びます。

 

※エンキは現代で言えば、左遷でしょうか?。しかし、そこに敢えて神界の白羽の矢が立つとは、もう「神界の仕組み」の結果が失敗と分かっていると言う事!そうでもなければ、こんなチャンスは有りません。

 

では神界の問題を解決に至らなかった神は誰?

アングロサクソン・ミッション」「ニュー・ワールド・オーダー」など、人類の破滅前に世界統一、統一秩序、支配層の能力開発などを行うイルミナティーを導く神。

  エンキの息子マルドゥック(シュメールの神)byはやし浩司

 

 

では、マルドゥックが生み出した神人。

アングロサクソン人が進化した「神人」も誕生しているんじゃーないの?!

 こっちは「創造の神人」とでも呼びますか。

 

どっちが善とか悪とかは言えないと思いますが、日本人には見えない、こちらが「創造の神人」かも?

youtu.be

こちらの動画はKGBによりリークされた、60年代に撮られた画像だそうです。

概要は、

アメリカ政府と幾度かの条約を交わしたものの、この映像の撮影がきっかけで、以降の交渉に問題が生じた。と言う事です。

「創造の神人」達も過去に遡り、人類の進化の加速に関与していたのではないでしょうか?

 

そして1947年7月ロズウェル陸軍飛行場の付近で、何らかの理由により「創造の神人」と「日月の神人」のタイムトラベルしたUFO同士の、小さな戦闘が有ったのだとポクは考えます。

 ☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎

将来、日月神示に予言されている事は、遅かれ起こって来るものと思います。

ヒトラーの終末予言は、人類が考えた最善の対策(理屈)が最悪を招いた様な、何とも言えない未来です。

 

魂と肉体が神と獣に分かれてしまった人類を日月の神は、

地つ巻   第十三帖より

〜上ばかりよくてもならず、下ばかりよくてもならんぞ。上も下も天地そろうてよくなりて世界中の臣民、けものまで安心して暮らせる新(あら)の世に致すのざぞ、取り違へするなよ。

決して見捨てず、全てが助かる道を我々に求めています。

 

白銀の巻   第三帖より

〜天国はないのであるぞ。故にこそ、現界で天国を生み出し、天国に住めんものが、死んで天国へ住める道理ないのぢゃ。〜

まさに、最悪の未来をそのままで、天国は無いのだと言っています。(ようやくこの天国の意味が肚に入りました)

 

いやー、困った。

妄想ですが、何とかしなければいけないぞ。これからは!

 

今できる事は、日本人として恥ずかしく無い様に生き、選挙に参加するって事ですかね!

 

皆んなが神示を読んでいれば、さほど無理せずとも上手く行く気がするんですが。