ひふみ神示でいいタイミング!

ひふみ神示と日記

落武者の た、た、祟り!?

おおいつきくにのおおみち

すさなるの巻      第十帖

 

今、世に出ている幾ら偉い人も、頭の良い者にも、今度という今度は判らんのぢゃ。自分に使命を感じ、良き世にしようと努力しているなれど、誠の自信はないのぢゃ。心の内に何処か淋しい処があるのぢゃ。世が迫っているのに、誠の⊙を見失っているからぞ。人間の智慧や学問では、幾ら踠(もが)いても行き詰るぞ。心を無にして、一人で静かに考えてみよ。大きい忘れ物致しているに気付く筈ぞ。⊙の⊙尊んでも大地の親⊙忘れているであろうが。地の⊙が何んなに苦労しているか、何なに力があるかを、ハッキリと見せねば得心せん人民ばかりが、よくも頭を持ち上げてきたものぢゃ。グレン一瞬ヒックリ返るぞ。高魔ヶ原に天照す、南無妙、南無阿弥、天の父だけで、良き世が来ると思うていたら大間違いぢゃ。裏に隠れて守護する⊙称えよ。天地一体の大岩戸開けるのであるから、あめつちおおいつきおお⊙称え、特に◯◯様とお願いせよ。今迄の縁ありた道、粗末にするでないぞ。九十戸(ことど)開けたら今迄のやり方、考え方、一切役に立たん。

十二月七日 あめつちおおいつきおお⊙

 

おおいつきくにのおおみちより引用

开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开

 お盆のチョット前、我が家に人が来た。趣味で徳川系の、お城の跡を巡っているらしい。

 

ポクん家の辺りは、古い字(あざ)で「•城〜」って言うので訪ねて来たようだけど、小高くはあるけど城跡は有りません。

多分江戸時代より前の山城でもあった名残りだと思う。

 

そう言えば蔵の中に昔の鎧や兜、刀があったらしいが、泥棒に会って今はもう無いらしい。でも、うちは農家なのに何でそんな物が?

 

アレアレ!?

 

それに我が家が管理している、山の中の誰の家のでも無い、10個程の石の墓標のような〜(ハニーが写真NG)も、お盆に掃除してる。

 

そして、ハニー姉妹はスンゴイ、肩こり!

首の骨もよくズレる!

 

こっこれは、もしや!?