ひふみ神示でいいタイミング!

ひふみ神示と日記

クロスロード (ロバート・ジョンソン)

青葉の巻   第十帖   (四七九)

よき神にはよき御用、悪き神には悪き御用、自分で自分がつとめあげるのぢゃ、人になんと云はれても腹の立つ様では御用六ヶ敷いぞ、腹立つのは慢心ぢゃと申してあろがな。仕組途中でグレンと変り、カラリと変る仕組してあるのぢゃ、其処に一厘の仕組、火水(カミ)の仕組、富士と鳴門の仕組、結構々々大切致してあるのぢゃ。仕組変り変りて人民には判らんなり、よき世と致すのぢゃ、いくら智あっても人間心では出来ん仕組ぞ、智捨てて神にすがりて来ねば分らん仕組ぢゃ、と云ふて人間世界は人間の智いるのぢゃ、智でない智を神が与へるぞ、⊙人共にと申してあろがな、つとめ上げたら他にない結構な御用。八月三日、ひつ九⊙。

开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开

 

f:id:rei12345678910:20170715014026j:image

この丁字路を通るたび、思い出す。

関係者の皆さんには大変ご迷惑をお掛けしました。

 

あの日は、朝からここで何かあると判ってた。でも仕事だし、しょうがないやと決めて、その時まで忘れてた。

 

突然、あんな事故になるなんて!

自分のしでかした、不注意が原因の事故で、早期退職を選んだのですが、、。

 

あれは確か3〜4年前、バイトの女性から日月神示を教えられ、その際、単刀直入、ポクが早期退職して農家をやりなさい?農家になる?(そんなニュアンス)と言われたんです。

 

何やら、ケッタイな宗教と退職時期まで決められては大変なので、その場は上手く合わせて話を終えたんですが、別に退職までしなくてもいいんじゃない?の気持ちから覚えてた。

 

辞める際、その事をチョット聴いたけど、「あー言ったかな。」程度の返事。

霊感がある様なタイプでも無し。

 

突然口をついて出た言葉が、核心を突いてるって事あるよね。

ポクも余りに熱心な宗教の勧誘に「そんな話なら、本屋で売ってますよ。」って言ったら、本当になってたりするし。

 

 不思議に思うのは、あのバイクの男性がポクに怒るでもなく、びっくり。ただ目を点にしてた事とお巡りさんの、やけに、笑顔だった所。

 

とにかくコレがポクの借銭済まし、だったんだネ。

 

人から見れば笑われますが、仕事も未練なく、誰彼の反対もなく、すんなりと楽になって神様に感謝です。

(計画通りなのでしょうか?)