ひふみ神示でいいタイミング!

ひふみ神示と日記

カントリーロード (ジブリ)

青葉の巻  第五帖   (四七四)

 

 仕事、嘉事(よごと)と申してあろがな、仕事マツリざぞ、自分の仕事おろそかならんのざぞ、仕事せよ、仕事仕へまつれと申してあろが、ひかり教会の本部 元へ移してもよいぞ、天明 表へ出てもよいぞ。愈々ぞ、皆に早う伝へて呉れよ、マツリ結構。七月三十一日、一二⊙。

开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开

下の子供の進路で悩んでます。

取り立てて特に秀でてる所は無いのですが、夏休みのバイトなど休まず行ってたので、就職に絶対向いてるんですが、とりあえず専門学校だそうです。

 

一応ポクの後悔を含めた言葉は、かけたけど今の時代社員に成ってないとヤバイよね。

 

あん時ポクも先生の言う事聞いてたら、もう少し今の農家の役に立ってるかも?

イヤイヤそれじゃ今の家族があるとは言えなくてー。と回想してたら不思議な事を思い出した。

f:id:rei12345678910:20170708022818j:image

ここで小4?くらいの時、その人に合った。

お兄ちゃんの空気銃(オモチャ)を持ち出し歩いてると、前方から二匹の猟犬を連れた眼光鋭いおじさんが来た。ポクは当時ワン子が苦手で、固まってた。

銃をキッカケに話したんだ。

内容は、

自分の子供は目の病気?らしい。それで元気が無いので、孫の旦那を探してるらしい。「夢でこっちの方に居ると教えられた。から来てる」「お前うちに来ないか?」

なんて、変なこと言うので「そのお孫さんは大人ですよね?」と聞いたら、小1と幼稚園だって!気の早い話。

「また来るから」だって。

この人、何言ってんの?ぐらいに忘れてたけど、何か引っかかってた。

 

ハニーにこんな人、昔居たよと話すと、その状況から、亡くなった爺ちゃんに、そっくりと言うか、本人らしい事が判明!ホントびっくりー。

 

するってーと、あそこから前の仕事とこの家族に成ることが、既に決まってたって事ですかー?!

うわー!!!!