ひふみ神示でいいタイミング!

ひふみ神示と日記

弥栄の食べ物はあるんですが、害獣被害が大変で、里山の暮らしを再生するしかないですよ。

空の巻  第十二帖   (四六七)

 

 学の鼻高さん何も出来んことになるぞ、今に世界から正末(しょうまつ)が段々判り来て、あわてても間に合はんことになるぞ、今の内に神示よく肚に入れておけよ、この道には色々と神の試(ためし)あるから漫心するとすぐひっくり返るぞ、考へでは判らん、素直結構ぞ。日本には五穀、野菜、海、川、いくらも弥栄の食物あるぞ、人民の食物 間違へるでないぞ、食い過ぎるから足らんことになるのざぞ、いくら大切な、因縁の臣民でも仕組の邪魔になると取り替へるぞ、慢心取違ひ致すなよ、代へ身魂いくらでもあるぞ。学問の世はすみたぞ、学者は閉口するぞ、商売の世も済みたから商売人も閉口するぞ、力仕事は出来んし、共喰するより他に道ないと申す人民許りになるぞ、今迄とはさっぱり物事変るから今迄のやり方 考え方 変へて呉れよ、神示通りに行へば其の日その時から嬉し嬉しざぞ、此処は落した上にも落しておくから、世の中の偉い人には中々見当とれんから、身魂の因縁ある人には成程なあと直ぐ心で判るのぢゃぞ、九の花咲けば皆よくなるのぞ、九の花中々ぞ。三月三日、ひつ九のかミ。

开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开

 

   ここんとこの空前の肉ブームも、ようやく先が見えたとみて、ポクのバイト先も今日は製造のお休みです。

 

毎日出荷の手伝いもあるし、良い感じだと思っていたら、よくある女子間の問題で1人がずっとお休み。時を同じくして、労基署も派遣会社に指導され、ポクも社会保険の対象になるらしい。

 

仕事のシフトや、誰かが休んだ代わりの出勤など、色々断りずらい感じになって来て、毎日の予定を忘れそう。

なんだかポクの夏は熱くなりそうな予感です。

 

今日の気温も予想は35℃、ハウスの冷蔵庫にアイスと経口補水液を入れといたから、まあ大丈夫かな。