ひふみ神示でいいタイミング!

ひふみ神示の体験日記

大丈夫。五十九の身魂で成就したんだよ。

まつりの巻    第十八帖    (四二二)

 

 何(ど)の身魂も我(が)の強い身魂ばかり、よく集まったものぢゃと思ふであろが、その我の強い者がお互に我を折りて、解け合って物事成就するのぢゃぞ。旧九月八日迄にすっくりとまつりかへてくれよ。真中に御三体の大神様、御三体の大神様、天之日月の大神々様、地の日月の大神々様、雨の神様、風の神様、岩の神様、荒の神様、地震の神様、弥栄祀り結構ぞ、其の左に仏、基、マホメットの神様、世の元からの生神様、百々の神様、産土様、よきにまつり結構致し呉れよ、その右に地の日月の神々様、霊(たま)の諸々(もろもろ)の神様 厚く祀り呉れよ。八月二十九日、一二⊙。

开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开

   今ははパピーの病院の送迎の待ち時間です。昭和七年もうヨレヨレです。

 

   当時の人は相当高齢。至恩郷も無くなって。天之日津久神奉賛会は?の感じで。

神業を引き継いでいる関係者さんはもう居ないのかな?。

 

神業跡地巡りでもしたいなー。いや無理だって。

 

なんか寂しい気がしてたら居ましたよ。色々とパワーのある人が!

f:id:rei12345678910:20170606103001j:image

マアカタの仕組 前編 | 上田喜四郎の実践「日月神示」 - 楽天ブログ

だいぶ元気を貰いました。