読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひふみ神示でいいタイミング!

ひふみ神示と日記

大峠を越すムになる方法が、有りそう。

岩の巻   第二帖

 

 三千年の昔に返すと申してあらうがな。よい御用いたす身霊(みたま)ほど苦労さしてあるのぢゃ。他から見ては、わからんなれど、苦労に苦労さして、生き変り、死に変り、鍛へに鍛へてあるのぢゃぞ。肉体の苦労も霊の苦労も、どちらの苦労にも、まけん人民臣民でないと、眼先のことで、グレングレンと引繰りかへりて、あわてふためく様なことでは、どんな事あっても、びくともせん、ミタマでないと、御用六ヶ敷いぞ。こんどの苦の花は真理(ふじ)に咲くのみざぞ。不二に九(こ)の花咲くや媛(ひめ)まつれと申してあるが、九(こ)の花、おのもおのもの心の富士にも咲くのざぞ。九(こ)の花咲けば、此の世に出来んことないぞ。まことの৩かかりぞ。この先もう建替出来んギリギリの今度の大建替ぢゃ。愈々の建替ざから、もとの神代よりも、も一つキの光輝く世とするのぢゃから、中々に大層ざぞ。人民 苦しからうが、先楽しみに御用見事つとめ上げて下されよ。二つづつある神様を一つにするのであるから、嘘偽(うそいつわり)ちっともならんのぢゃ。少しでも嘘偽あったら、曇りあったら、神の国に住めんことになるのざぞ。途中から出来た道では今度と云ふ今度は間に合はんのざぞ。根本からの道でないと、今度は根本からの建直しで末代続くのぢゃから間に合はん道理わかるであらうがな。われの国同士の戦 始まるのぢゃ。この戦、神は眼あけて見ておれんなれど、これも道筋ぢゃから、人民にも見て居られんのぢゃが、友喰ひと申して知らしてあらうが。この方等が天地自由にするのぢゃ。元のキの道にして、あたらしき、キの光の道つくるのぢゃ。あらたぬし、世にするのぢゃと申してあること愈々ざ、人民、臣民 勇んでやりて下され。神々様 守護神どの、勇め勇め。二月十六日、ひつ九⊙ 。

开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开

むむー。共喰いとは、われの国同士の戦か!!

われの国とは日本なのか???

 

しかし、この平和過ぎる国で戦は起こらんでしょう。武器も無いし。

 

あっ。新しき武器は念である。って有ったな。

f:id:rei12345678910:20170415113833j:image

SF映画で、先住文明の遺跡の力で、心の悪が人を襲うってのが有ったよね。

 

ネットの世界じゃケンカは当たり前、日本でも十分に危険だ。

 

いやいや。現実世界でいきなり超能力は出ないですよ。

が、想念の世界じゃ当たり前になるのかも。

 

仏教で言う天国も地獄も無い、この世の延長の想念の世界では、もしかしたら現実世界よりも先にイワトが開いちゃってるのかも。

 

悪いことを念じたらダメだけど、、、(T_T) 。