ひふみ神示でいいタイミング!

ひふみ神示の体験日記

これが解ったんで、今年も👍です。

日月の巻 第35帖 


 元からの神示 腹に入れた人が、これから来る人によく話してやるのざぞ。この道はじめは辛いなれど楽の道ぞ。骨折らいでも素直にさへして その日その日の仕事しておりて下されよ。心配要らん道ぞ。手柄立てようと思ふなよ。勝たうと思ふなよ。生きるも死ぬるも神の心のままざぞ。どこにどんな事して居ても助ける人は助けるのざぞ。神の御用ある臣民 安心して仕事致しておりて下されよ。火降りても槍降りてもびくともせんぞ。心安心ぞ。くよくよするでないぞ。神に頼りて神祀りてまつわりておれよ。神救ふぞ。

################################

  新年あけまして、おめでとうございます。

今年は、お正月からゆっくり出来てとても幸せです。例によって、ギターの練習に励んでいます。

  今研究中なのが右手の親指の使い方。

  アコースティックギターなので、クラシックほど爪を伸ばさず抜けの良い音を出したい!

  それには親指の反りが必要と考えました。

f:id:rei12345678910:20170102151327j:imagef:id:rei12345678910:20170102151343j:image

左手の親指はこんなに反っているのに、右手は真っ直ぐ。

と言うことで、

  骨を折らない程度に押していこうと思います。

 ※追伸  反らすより、かるく内側に曲げて爪を当てた方が厚みのある音がする。