読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひふみ神示でいいタイミング!

ひふみ神示の紹介

上達は、焦らずきながに続けること。

下つ巻 第5帖

 

江戸に神と人との集まる宮建てよ、建てると申しても家は型でよいぞ、仮のものざから人の住んでゐる家でよいぞ。Θの石まつりて、神人祭りて呉れよ。それが出来たら、そこでお告げ書かすぞ。淋しくなった人は集まりて その神示(ふで)見てよ、神示見れば誰でも甦るぞ。この神示うつす役要るぞ、この神示 印刷してはならんぞ。神の民の言葉は神たたえるものと思へ、てんし様たたえるものと思へ、人ほめるものと思へ、それで言霊(ことたま)幸(さき)はふぞ、それが臣民の言葉ぞ。わるき言葉は言ってはならんぞ。言葉はよき事のために神が与へてゐるのざから忘れん様にな。

 

################################

f:id:rei12345678910:20161026070418j:image

子供が修学旅行のついでに買って来てくれました。

神棚に置く順序がわからなくなって来ました。