ひふみ神示でいいタイミング!

ひふみ神示の体験日記

お天気良いといいなー。

水の巻 第9帖 


 富士は晴れたり日本晴れ、いよいよ岩戸開けるぞ。お山開きまこと結構。松の国 松の御代となるぞ。旧九月八日から大祓ひのりとに天津祝詞の太のりと「一二三(ひふみ)のりとコト」入れてのれよ。忘れずにのれよ。その日からいよいよ神は神、けものはけものとなるぞ。江戸道場やめるでないぞ、お山へ移してよいぞ、役員一度やめてよいぞ。またつとめてよいぞ。めぐりあるから心配あるのぞ。めぐり無くなれば心配なくなるぞ。心配ないのが富士は晴れたりぞ、富士晴れ結構ぞ。日津久の御民 何時も富士晴れ心でおりて下されよ。肉体ちっとの間であるが、魂は限りなく栄へるのざぞ。金に難渋して負けぬ様にして下されよ。金 馬鹿にしてはならんぞ。あせるでないぞ。あせると心配事出来るぞ。神が仕組みてあること、臣民がしようとて出来はせんぞ。細工はりうりう滅多に間違ひないのざぞ。見物して御座れ、見事して見せるぞ。不和の家、不調和(ふわ)の国のささげもの神は要らんぞ。喜びの捧げもの米一粒でもよいぞ。神はうれしいぞ。旧九月八日とどめぞ。

 

昨日ふと、子供の小さい時の暮らしを思い出す。習い事とか送り迎えとか、急に。

時間に余裕が出来たのに、そういえば退職してから旅行に行ってないなー。

ささやかでも思い出が無いと寂しいな。

 

とゆうことで、親類のお知り合いの方に、会員価格でホテルを頼みました。

 

10月中旬。

まあ紅葉は、まだですが・・・

 

本当!大丈夫かなー?心配。