読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひふみ神示でいいタイミング!

ひふみ神示の紹介

この木は爺さんが植えた。=爺さんの森。

春の巻 第24帖より

その人民にメグリなくしてもメグリ負ふことあるぞ。人類のメグリは人類の誰かが負はねばならん。一家のメグリは一家の誰かが負はねばならん。果たさねばならん。善人が苦しむ一つの原因であるぞ。神の大きな恵みであり試練であるぞ。判りたか。愛するものほど、その度が濃い程、魂が入っているのぢゃ。先祖が大切していたものは大切せねばならんぞ。現界のみの理屈は通らんぞ。飛んだ目に会ふぞ。気つけおくぞ。念じてから行へ。


f:id:rei12345678910:20160613162203j:image

杉の木はもう皆な使わないし、
俺も手入れ出来ないし、
道に倒れると車が通れないし。
「全部伐りたいなー」と。٩(๑`^´๑)۶

ナラの木なんかの広葉樹は、
葉が落ちて冬でも日が当たるし、
薪として売れるし、
里山って感じでいいなーと思ってた。(๑•̀ㅁ•́๑)✧

イノシシが出る迄は!
なんか、害獣の根城に成りかねない気がする。