ひふみ神示でいいタイミング!

ひふみ神示の体験日記

喜び(神)は、ハラで掴んだ!

春の巻 第21帖

太一二 (オーヒツキ)大神としてのこの神は一柱であるが、働きはいくらでもあるぞ。その働きの名がもろもろの神様の名ぢゃ。無限であるぞ。このほう一柱であるが無限柱ぞ。総てが神であるぞ。一神ぢゃ。多神ぢゃ。汎神(ハンシン)ぢゃ。総てが神ぢゃ。喜びぢゃ。始めから全体を掴もうとしても、それは無理と申すもの。手でも足でもよい、何処でもよいから掴める所からつかんで御座れよ。だんだん判ってくるぞ。全体をつかむには全体と同じにならねばならん。その人民々々のつかめるところから掴んで参れよ。このほう抱き参らせてやるぞ。マツリから出直せよ。天地見よ。大きマツリ致して居らうがな。霊と肉のまつり第一。頭とハラのまつり結構。二二のマツリ、出船の港ぢゃ。奥から来るものは喜びぢゃ。念ぢゃ。力のもとぢゃ。生きの生命ぢゃ。神様にはハラを向けなさい。


f:id:rei12345678910:20160611192554j:image


社員だった頃は栄養を取らなくちゃと、頻繁に鰻を食べていました。

美味しい。美味しい。と食べてるうちにニホンウナギは、絶滅危惧種になっちゃいました。
日本人が食べ尽くしたんです!

収入が少なくなって今では滅多に食べれませんが、その分旨さが腹にしみます。

日本の国は世界のひな型、質素がいいな。