ひふみ神示でいいタイミング!

ひふみ神示の体験日記

今思い出したけど、バブルの時のポクの退職金ぐらいの余ったお金どうした?使っちゃたのね。

地震の巻   第二帖 

 

 天界も無限段階、地界も無限段階があり、その各々の段階に相応した霊人や地上人が生活し、歓喜している。その霊人たちは、その属する段階以外の世界とは、内的交流はあっても、全面的交流はないのである。何故ならば、自らなる段階的秩序を破るからである。秩序、法則は、神そのものであるから、神自身もこれを破ることは許されない。しかし、同一線上に於ける横の交流は、可能である。それは丁度、地上に於ける各民族がお互に交流し、融和し得るのと同様である。総て分類しなければ生命せず、呼吸せず、脈うたない。分類しては、生命の統一はなくなる。其処に、分離と統合、霊界と現実界との微妙極まる関係が発生し、半面では、平面的には割り切れない神秘の用が生じてくる。一なるものは、平面的には分離し得ない。二なるものは、平面的には一に統合し得ないのである。分離して分離せず、統合して統合せざる、天地一体、神人合一、陰陽不二の大歓喜は、立体的神秘の中に秘められている。ゝについては一なるも、⊙に於ては二となり三となり得るところに、永遠の生命が歓喜する。一は一のみにて一ならず、善は善のみにて善ならず、また、真は真のみにて真となり得ない。神霊なき地上人はなく、地上人とはなれた神霊は、存在しない。しかし、大歓喜にまします太神のゝは、そのままで成り鳴りやまず存在し、弥栄する。それは、立体を遥かに越えた超立体、無限立体的無の存在なるが故である。霊人は、その外的形式からすれば地上人であり、地上人は、その内的形式からすれば霊人である。生前の形式は、生後の形式であり、死後の形式である。即ち、死後は生前の形式による。形式は愛と現われ、真と現われ、善と現われ、美と現われる。而して、その根幹をなし、それを生命させるのは歓喜であって、歓喜なき所に形式なく、存在は許されない。愛の善にして真の美と合一しなければ呼吸せず、現の現人にして霊の霊人と合一しなければ生命しない。これら二つが相関連せるを外の真と云う。外の愛も外の真も共に生命する。人間に偽善者あり、霊界に偽善霊の存在を許されたるを見れば判るであろう。表面的なるものの動きも、内面的に関連性をもつ。故に、外部的にまげられたる働きの許されてあるを知ることができるであろう。許されてはいるが、それは絶えず浄化し、弥栄すればこそである。浄化し弥栄しゆく悪は悪でなく、偽は偽でない。動かざる善は善でなく、進展せぬ真は真でない。更に善を善とし、悪を悪として、それぞれに生かし弥栄するのを歓喜と云う。歓喜は神であり、神は歓喜である。一から一を生み、二を生み、三を生み、無限を生みなすことも、みなこれ歓喜する歓喜の現われの一つである。生み出したものなればこそ、生んだものと同じ性をもって弥栄える。故に本質的には善悪のないことが知られるであろう。死後の世界に入った最初の状態は生存時と殆ど変化がない。先に霊人となっている親近者や知人と会し、共に生活することもできる。夫婦の場合は、生存時と同様な夫婦愛を再びくりかえすことができるのである。霊界は、想念の世界であるから、時間なく、空間なく、想念のままになるのである。しかし、かくの如き死後の最初の状態は長くはつづかない。何故ならば、想念の相違は、その住む世界を相違させ、その世界以外は想念の対象とならないからである。而して、最初の状態は、生存時の想念、情動がそのままにつづいているから、外部的のもののみが強く打ち出される。故に、外部の自分に、ふさわしい環境におかれるが、次の段階に入っていくと、外部的のものは漸次うすれて、内分の状態に入っていくのである。内分と外分とは、互に相反するが、霊人の本態は内分にあるのであるから、この段階に入って始めて本来の自分にかえるのである。生存時に於ては、地上的な時、所、位に応じて語り、行為するが為に、限られたる範囲外には出られないが、内分の自分となれば、自由自在の状態におかれる。生存時に偽りのなかった霊人は、この状態に入って始めて真の自分を発見し、天国的光明の扉をひらくのである。偽りの生活にあった霊人は、この状態に入った時は、地獄的暗黒に自分自身で向かうのである。かくすることによって、生存時に於ける、あらゆる行為が清算されるのである。この状態に入ったならば、悪的なものは益々悪的なものを発揮し、善的なものは善的な力を益々発揮する。故に、同一の環境には住み得ないのである。かくして、諸霊人は最後の状態に入り、善霊は善霊のみ、悪霊は悪霊のみ、中間霊は中間霊のみの世界に住み、善霊は善霊のみの、悪霊は悪霊のみのことを考え、且つ行為することになる。そして、それは、その時の各々にとっては、その時の真実であり、歓喜である。

开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开

f:id:rei12345678910:20170426134420j:image

ふぅ〜。何とかトマトの定植完了。

これ以外にもまだ苗は余ってるのですが、ハウスはボロボロで一体何処に植えるんでしょうか?

 

チョット呆けて、徘徊しちゃう老人は、自分の一番輝いた時代の街を探しに行くんだそうです。

パピーもチョット時空を超えちゃったのかな?

 

まあ、今じゃショボくなって居ますが、戦争には行ってないし、高度成長期とバブルも体験して、結構いい人生じゃないですか!

ひふみ神示も全てが本当なのかぁ?まあ大体あってると思う。

地震の巻    第一帖 

 

 われわれの一切は生れつつあ る。神も、宇宙も、森羅万象の悉くが、常に生れつつある。太陽は太陽として、太陰は太陰として、絶えず生れつづけている。一定不変の神もなければ、宇宙もない。常に弥栄えつつ、限りなく生れに生れゆく。過去もなければ、現在もなく、未来もない。只存在するものが生れに生れつつあ る。生もなければ死もない。善も思わず真も考えず美も思わない。只自分自身のみの行為はない。只生れゆき栄えゆくのみであ る。善を思い悪を思うのは、死をつくり生をつくり出すことである。故に地上人が自分自身でなすことには、総て永遠の生命なく、弥栄はあ り得ない。何故ならば、地上人は、地上人的善を思い、悪を思い、真を思い、偽を思うからであ る。思うことは行為することである。生前、生後、死後は一連の存在であ って、そこには存在以外の何ものもないのである。存在は生命であり、生れつつあ るもの、そのものである。何ものも、それ自らは存在しない。弥栄しない。必ず、その前なるものによって呼吸し、脈うち、生命し、存在し、弥栄する。また、総てのものの本体は、無なるが故に永遠に存在する。地上人は、生前に生き、生前に向って進みゆく。また、地上人は、地上に生き、地上に向って進みゆく。また、地上人は、死後に生き、死後に向って進みゆく。しかし、その総ては神の中での存在であ るから、それ自体のものはない。善でもなく、悪でもなく、只生れつつあ るのみ。霊人に空間はない。それは、その内にある情動によって定まるが故であ る。また、その理によって一定せる方位もない。また時間もなく只情動の変化があ るのみである。地上人は、肉体を衣とするが故に、宇宙の総てを創られたものの如く考えるが、創造されたものではない。創造されたものならば、永遠性はあ り得ない。宇宙は、神の中に生み出され、神と共に生長し、更に常に神と共に永遠に生れつつあ る。その用は愛と現われ、真と見ゆるも、愛と云うものはなく、また、真なるものも存在しない。只大歓喜のみが脈うち、呼吸し、生長し、存在に存在しつつ弥栄するのであ る。存在は千変万化する形に於て、絶えず弥栄する。それは⊙であり、৩なるが故である。⊙は大歓喜の本体であり、৩はその用である。それは、善でもなく悪でもない。真でもなく偽でもない。美でもなく醜でもない。また愛でもなく憎でもない。プラスでもなければマイナスでもない。しかし、善の因と真の因とが結合し、悪の因と偽の因とが結合し、美の因と愛の因とが結合し、醜の因と憎の因とが結合して、二義的には現われ、働き、存在として、またはたらく。善因は偽因と結合せず、悪因は真因と結合しない。これらの総ては、これ生みに生み、成りに成りて、とどまるところを知らない。それは、神そのものが絶えず、鳴り成り、成り鳴りてやまず、止まる所なく生長し、歓喜しつつあ るがためである。神が意志するということは、神が行為することである。そして、さらに神の行為は、弥栄であ り、大歓喜である。神の歓喜をそのまま受け入れる霊人とは、常に対応し、地上人として地上に生命し、また霊人として霊界に生命する。神の歓喜を内的にうけ入れる霊人の群は無数にあ り、これを日の霊人と云う。神の歓喜を外的にうけ入れる霊人の群も無数にあ り、これを月の霊人と云う。月の霊人の喜びが、地上人として地上に生れてくる場合が多い。日の霊人は、神の歓喜をその生命に吸い取るが故に、そのままにして神に抱かれ、神にとけ入り、直接、地上人として生れ出ることは、極めてまれであ る。月の霊人は、神の歓喜をその智の中にうけ入れる。故に、神に接し得るのであ るが、全面的には解け入らない。地上人は、この月の霊人の性をそのままうけついでいる場合が多い。日の霊人は、神の歓喜を、そのまま自分の歓喜とするが故に、何等それについて疑いをもたない。月の霊人は、神の歓喜歓喜として感じ、歓喜としてうけ入れるが故に、これを味わわんとし、批判的となる。ために二義的の歓喜となる。故に、日の霊人と月の霊人とは、同一線上には住み得ない。おのずから、別の世界を創り出すが故に、原則としては、互に交通し得ないのであ る。この二つの世界の中間に、その融和、円通をはかる霊人と、その世界が存在する。これによって、二つの世界、二つの生命集団が円通し、常に弥栄するのであ る。地上人と霊人との間も同様、直接、全面的な交流はあり得ない。それは、別の世界に住んでいるためであ って、その中間の半物、半霊の世界と、霊人がいて、常にその円通をはかっている。以上の如くであ るから、日と月、愛と信、善と美も、本質的なものではなく、二義的なものである。

开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开

この帖は最後に、ひつきの神って書いて無いから、原文の図?から読み取った内容なんでしょうか?

 

最近気になっていたyoutubeの月の話題

f:id:rei12345678910:20170424143246j:image

そっち系の話題でよく観る

知的好奇心Clubで取り上げられておりました。

【人類は騙されている1】アヌンナキ・アポロ20号・ミイラ・巨大宇宙船・モナリザ・かぐや姫・ニビルの噂が全部ウソであることを完全証明!Grand lie - YouTube

よく有るパターン

最初は驚き!脅かし?

次々チェックしていく

それで知らないうちに頭に構築されているんだよね。

 

神示に戻りますと、全く訳のわからない宗教ですな!宗教でも無いか。

 

古くからの宗教が安心て言うのは、過激でなくて且つ、広く認識されてるってとこでしょう。

本当かの証明は出来ないよね。

北でびっくり箱開くのかな?

岩の巻    第十帖 


 わからんミタマも今迄は機嫌取って引張りて来たなれど、もう機嫌取りは御免ぢゃ。こんなことに長う掛かりてゐたなら実地が遅れるから、ひときりにいたすぞ。神代となれば天は近くなるぞ、神人共にと申してあらうがな。一人となりても、神の申す事ならば、ついて来る者が誠の者ざぞ、誠の者少しでも今度の仕組は成就するのざぞ、人は沢山には要らんのざぞ。信者引張ってくれるなよ。道は伝へて下されと申してあらうがな。竜宮の乙姫殿のお宝、誰にも判るまいがな。びっくり箱の一つであるぞ。キT(た)がよくなる、キたが光るぞ、きT(た)が一番によくなると申してあること段々に判りて来るのざぞ。これ程に申してもまだ疑ふ人民 沢山あるなれど、神も人民さんには一目置くのぞ、閉口ぞ、よくもまあ曇ったものぢゃなあ、疑ふなら今一度 我でやって見よれ、それもよいぞ、あちらこちらにグレングレンとどうにもならんのざぞ、人民には見当取れん大きな大きな大望ざから、その型だけでよいからと申してゐるのぢゃ、型して下されよ。改心の見込ついたら、世の元からの生神が、おのおのにタマ入れてやるから、力添へ致してやるから、せめてそこまで磨いて下されよ。悪はのびるのも早いが、枯れるのも早いぞ。いざとなればポキンぞ。花のまま枯れるのもあるぞ。二月十六日、一二の⊙。

开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开

  キT、キた、キT = 北

と言うことで。

今問題の北朝鮮、、、。

 

じゃ無かった。

来たー!

f:id:rei12345678910:20170419151802j:image

 手っ取り早くゴルフの上達は、兎に角下半身の筋力アップ。

 

これは最強のプロテインシリーズです。

これでトレーニングも天国ですよ。

そう、天といえば

神代となれば天は近くなるぞ。か、

天にはお天道様

確かそんな文明世界が地底に有るって、CIAの人がバラしてたっけ。

 

 

人生ささやかに楽しんでいますよ。

岩の巻   第七帖 


 この神の許へ来て信心さへして居たらよい事ある様に思ふてゐるが、大間違ひざぞ。この方の許へ参りて先づ借銭なしに借銭払ひして下されよ。苦しいこと出来て来るのが御神徳ぞ。この方の許へ来て悪くなったと云ふ人民 遠慮いらん、帰りて呉れよ。そんな軽い信心は信心ではないぞ。結構な苦しみがわからん臣民一人も要らんのぞ。しかと褌締めてついて御座れよ。此の方 悪神とも見えると申してあらうがな。わかりてもわからん、出来ん事致さすぞ、神が使ふのざから楽でもあるのざぞ。静かに神示よく肚に入れて御用して下されよ。神の道 光るぞ。旧一月十五日、一二⊙。

开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开

   周りにも幾人かの人は、ひふみ神示をやってるらしい気がします。

大本の流れや、地域グループや、個人の人と推察。

 

   ポクが控えめな性格(笑)だからかもしれませんが、幾人かの方は性格強目。

  神に祀ろい、人に祀ろい、皆んなその人なりに頑張っているので、そこはグッと堪えて?でも無いか「しょうがないなー」の諦めで生きております。

 

   あまり大した才能も無いので、無理もしたく無いのですが、バイトで「君仕事早いねー」。とか言われると、体も指使いも同じだから、ブルーグラスの早弾きが、もしかしたらできるんじゃ無いかと思うと嬉しく思っちゃうこの頃です。

f:id:rei12345678910:20170417002304j:image

 

                                                     以上。

 

 

 

 

 

大峠を越すムになる方法が、有りそう。

岩の巻   第二帖

 

 三千年の昔に返すと申してあらうがな。よい御用いたす身霊(みたま)ほど苦労さしてあるのぢゃ。他から見ては、わからんなれど、苦労に苦労さして、生き変り、死に変り、鍛へに鍛へてあるのぢゃぞ。肉体の苦労も霊の苦労も、どちらの苦労にも、まけん人民臣民でないと、眼先のことで、グレングレンと引繰りかへりて、あわてふためく様なことでは、どんな事あっても、びくともせん、ミタマでないと、御用六ヶ敷いぞ。こんどの苦の花は真理(ふじ)に咲くのみざぞ。不二に九(こ)の花咲くや媛(ひめ)まつれと申してあるが、九(こ)の花、おのもおのもの心の富士にも咲くのざぞ。九(こ)の花咲けば、此の世に出来んことないぞ。まことの৩かかりぞ。この先もう建替出来んギリギリの今度の大建替ぢゃ。愈々の建替ざから、もとの神代よりも、も一つキの光輝く世とするのぢゃから、中々に大層ざぞ。人民 苦しからうが、先楽しみに御用見事つとめ上げて下されよ。二つづつある神様を一つにするのであるから、嘘偽(うそいつわり)ちっともならんのぢゃ。少しでも嘘偽あったら、曇りあったら、神の国に住めんことになるのざぞ。途中から出来た道では今度と云ふ今度は間に合はんのざぞ。根本からの道でないと、今度は根本からの建直しで末代続くのぢゃから間に合はん道理わかるであらうがな。われの国同士の戦 始まるのぢゃ。この戦、神は眼あけて見ておれんなれど、これも道筋ぢゃから、人民にも見て居られんのぢゃが、友喰ひと申して知らしてあらうが。この方等が天地自由にするのぢゃ。元のキの道にして、あたらしき、キの光の道つくるのぢゃ。あらたぬし、世にするのぢゃと申してあること愈々ざ、人民、臣民 勇んでやりて下され。神々様 守護神どの、勇め勇め。二月十六日、ひつ九⊙ 。

开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开

むむー。共喰いとは、われの国同士の戦か!!

われの国とは日本なのか???

 

しかし、この平和過ぎる国で戦は起こらんでしょう。武器も無いし。

 

あっ。新しき武器は念である。って有ったな。

f:id:rei12345678910:20170415113833j:image

SF映画で、先住文明の遺跡の力で、心の悪が人を襲うってのが有ったよね。

 

ネットの世界じゃケンカは当たり前、日本でも十分に危険だ。

 

いやいや。現実世界でいきなり超能力は出ないですよ。

が、想念の世界じゃ当たり前になるのかも。

 

仏教で言う天国も地獄も無い、この世の延長の想念の世界では、もしかしたら現実世界よりも先にイワトが開いちゃってるのかも。

 

悪いことを念じたらダメだけど、、、(T_T) 。

 

そっか!全てが御見通しなら、理屈は要らないな!

風の巻 第十四帖 


 新しき世とは神なき世なりけり。人、神となる世にてありけり。世界中 人に任せて神々は楽隠居なり、あら楽し世ぞ。この世の頭(かしら)いたして居る者から、改心致さねば、下の苦労いたすが長うなるぞ、此処までわけて申しても、実地に見せてもまだわからんのか。世界中のことざから、この方 世界構ふお役ざから、ちと大き心の器持ちて来て下されよ。金も銀も胴も鉄も鉛も皆出てござれ。それぞれにうれしうれしの御用いくらでも与へてとらすぞ。この巻かチの巻。ひつくのか三、二月十六日。

开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开

今日は、お天気もよくお花見日和。

恒例のお料理コーナー。

 

(松植へよ、松供へよ、松ひもろぎとせよ、松玉串とせよ、松お(食)せよ、何時も変らん松心となりて下されよ。)

と言うわけで、松の実レシピ

f:id:rei12345678910:20170410144609j:image

旬のレタスに松の実トッピング(笑)

それだけだと飽きるので、その他の種も蒔いてみました。

 

松の実を食べても、神にはなれないよなー。

そういえば脳の器官に松の実に似た器官がある様です。

再掲:もう隠蔽できない~ 松果体のクリスタル ~ - 新・ほんとうがいちばん

何故かバチカンにも松の実が?

f:id:rei12345678910:20170410153929j:image

 

 

でも昔は小さいのを、西洋や日本でも食べてたんですよね!

風の巻  第十一帖 


 日本の国に食物なくなってしまふぞ。世界中に食べ物なくなってしまふぞ。何も人民の心からぞ。食物無くなっても食物あるぞ、神の臣民、人民 心配ないぞ、とも食ひならんのざぞ。心得よ。二月十六日、ひつ九のか三。

开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开开

   何と言っても、いちばん気にかかる言葉。共食い!

 

   当時、戦時中ですから食糧難で、この様な神示なのでしょうか、又これからのことなの?

 

  昔ドキュメント映画で、「生きてこそ」って有ったよね。そん時は、何だか感動的に感じていましたが、その跡チャップリンの黄金狂時代での有名な遭難シーンの元ネタを知って大ショック!

f:id:rei12345678910:20170408111249j:image

ドナー隊の遭難殺人博物館〜ドナー隊の遭難

 

そういえば金を求めて遥か昔、地球にやって来た友達もいたよね。おっと。